野菜狩り・季節の野菜の販売を行う「えか自然農場」の活動記録

MENU

活動記録一覧

えか自然農場の活動記録

農薬や化学肥料を使わない大地の恵みをいっぱい受けた野菜狩りを楽しめ、季節の野菜の販売を行う「えか自然農場」の活動記録の紹介です。

2016/09/15
フェイスブックページ始まりました。

2016/08/20
夏休み、子どもと一緒に「野菜狩り」が大人気

暑い日々が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

夏休み期間中ということもあり、えか自然農園は、子供と一緒に「野菜狩り」を楽しむ家族連れで連日賑わっております。

収穫できる野菜は、ナス、トマト、きゅうり、インゲン、枝豆、ニンジン、ピーマン、空芯菜、モロヘイヤ、ゴーヤ、などなど。

かごいっぱいまで、好きなだけ、好きな野菜を収穫できます。
 

 

2016/06/16
えか農場に新しいのぼりができました!

えか農場では、新しいのぼりを作りました。「野菜狩り」と、「えか野菜」というのぼりです。(左の写真)沢山の方に目を止めて頂こうと、大きな文字でデザイン致しました。こののぼりを見て頂き、「野菜狩りも出来るのね、えか野菜はここで購入出来るのね」と、お気付き頂ければ幸いです。大好評の野菜狩りは月~土曜(祝日除く)の、10時から14時までの予約制となっております。お子様・お友達と一緒にいかがでしょうか。とても楽しい体験をして頂けると思います。カゴいっぱいのお野菜1カゴ2,000円です。お電話やFAXをお待ちしております。

 

段々と暑くなってきましたね。そんな季節が来ると、キュウリが花を咲かせ実がなって行きます。右の写真は、大きく成長したえか野菜のキュウリを収穫しているところです。キュウリには体の熱をとる作用があり、これからの夏に最適ですね。特にえか野菜のキュウリは、えぐみがなく、瑞々しい甘さがあり、とっても美味しいです。

2016/05/27
夏の気配

もうすぐ夏がやってきます。30度を超える日もありますね。真っ盛りの夏まであともう少し。楽しい夏休みやキンキンに冷えたビールが楽しみな季節がやってきます。ビールと言えば枝豆ですね。えか農場では枝豆の種まきをはじめました。そして冷たいキュウリやナスビの季節も待ち遠しいですね。えか農場のキュウリ畑では、現在苗が育ち、支柱を立てて、夏の準備をしています。(左の写真) ナスビの苗も育っています。(右の写真)

2016/05/13
2016年5月13日現在 えか野菜農場直売所で販売しているお野菜

春ももうすぐ終わろうとしていますが、直売所では沢山のお野菜が揃っています。中には珍しいお野菜もありますので、ご紹介致します。お野菜は全てひとつ100円です。

 

左の写真をご覧ください。えか野菜の九条ネギは、香りが格段に高く、薬味や炒め物にも最適です。九条ネギというブランドの葉ネギのお野菜なので、青い部分も白い部分も柔らかくて美味しく食べられます。カリフラワーは甘くて柔らかく、ほどよい食感がくせになります。サニーレタスは普通のレタスより味が濃く、レタス本来の味を教えてもらえます。キヌサヤも甘くて、そのまま食べてしまえる程柔らかいです。

 

右の写真をご覧ください。フキはとても人気で、煮つけると甘くて美味しい、食物繊維たっぷりのお野菜です。コールラビはキャベツのような、カブのような不思議なお野菜です。甘くてリンゴのような食感です。主にヨーロッパでよく食べられています。カラシナは菜の花の味に似ていますが、ピリッと美味しい辛さがあります。カブも人気商品。実はフルーツの様に甘く、葉っぱは栄養が沢山あり炒めものに最適です。アイスプラントは、歯触りが良くくせになる美味しさ。サラダに最適です。

2016/04/22
タケノコ掘りしませんか

えか農場には、広い竹林があります。そこで採れるのはもちろん、タケノコです! 今が旬の美味しいタケノコ堀りをしてきました。

竹林の中に入ると、少し涼しくて快適です。幻想的で綺麗なので、野菜狩りに来られる方はここでシャッターチャンスが沢山ありますよ。(左の写真)地面をじっくり見渡していると、にょきっとはえているタケノコを発見しました。右の写真を見て頂けますでしょうか。タケノコをツルハシで掘っています。タケノコの先である、黄色い葉のようなもの。この色がまだ薄い黄緑なら美味しく食べられます。濃い緑になってしまうと、竹になってしまいます。

2016/04/01
2016年4月1日現在、えか野菜 農場直売所で販売しているお野菜

左の写真は、ほうれん草と、スティックブロッコリー、小松菜です。どれも味が濃くて、しかも甘いです。いい土で健康に育ち、美味しさが沢山詰まった味がします。右の写真は小松菜の菜の花と春菊です。小松菜の菜の花は前回の活動記録でレシピを紹介させて頂きましたが、普通に塩コショウと豚肉で炒めても美味しかったです。ほんのり甘くて癖になる味でした。春菊も香り高くて柔らかくて美味しいです。

2016/03/17
えか農場も衣替え

えか農場ではビニールトンネルと寒冷紗をはがす作業が続いています。(左図)寒冷紗をめくると、順調に発芽した芽が見えます(右図)冬の間にビニールトンネルの中でじっくりと芽になりました。これから春が訪れ、えか農場ではビニールトンネルをどんどんはがして防虫ネットに切り替える作業が続きます。もう温かくなり、ビニールトンネルをこのままにしておくと、中の温度が30度以上になって芽がダメになってしまうのです。冬の寒い間に用意しておいた種が元気に発芽しました。これから美味しく食べられるまで、太陽の下ですくすくと育ちます。

2016/03/11
ポテトの夢

じゃがいもを沢山買ってしまって、残っていたのを忘れて芽が出てしまったという経験のある方は多いと思います。ご存じの通りじゃがいもは、じゃがいもから芽が出るのです。そのじゃがいもを畑に植える為、本日、1個につき2~4等分に切って行きました。(左図)

しかし、切ってすぐ植えるわけにはいきません。断面が湿っていると、そこからでんぷん質が土に逃げてしまい、芽の栄養にならないのです。そこでビニールハウスの中にシートを敷き、乾かしていきます。断面を上にして干します。2~3日は乾かしておかなければなりません。えか農場は、例年より何倍ものお野菜を作っていく為、沢山の種イモをつくりました。その為、ビニールハウスは種イモでいっぱいになったのです。(右図)

私は丸一日種イモを切っていたので、夜に夢でも種イモを切っていました。料理ではこんなに沢山じゃがいもを切る機会はないですよね。この種イモひとつひとつが、美味しいじゃがいもになって、皆さんの食卓に上がるのが楽しみです。

2016/03/02
白菜の定植

白菜の苗が順調に育ちました。いよいよ定植の時期です。マルチローター(マルチを張る機械)で、穴のあいたマルチを張っていきます。この穴の中に定植していきます。(左図)
定植する時は、まずマルチの穴の傍に苗を並べて置いておくと効率的なのです。(右図)茎や根を折ったりしたら育たなくなるので、慎重に行わなければならない重要な作業です。定植する時に上手くできるかどうかで、今後ちゃんと育ってくれるかが決まってきます。

ページトップ